【建築関係者向け】現場管理費と一般管理費の違いとは? - 【シンプル簡単】現場情報共有ツール「SITE」

BLOG

ブログ

【建築関係者向け】現場管理費と一般管理費の違いとは?

 

「現場管理費と一般管理費の違いってなに?と改めて聞かれると、説明するのにちょっと不安……」


同じ工事価格の中の項目ですが、大まかに分類すると現場管理費が「現場を管理するために必要な費用」で一般管理費が「会社そのものを維持管理するための費用」と分けられるのではないでしょうか。


本コラムでは現場管理に役立つ情報として、工事価格を決める重要な項目である、現場管理費と一般管理費の違いについて解説します。お客様から聞かれる時や、部下や後輩へ教える時などにもお役立てください。


弊社では「SITE」という現場管理アプリによって、働き方改革を目指す企業様をサポートし、導入いただいている企業様から好評をいただいております。


興味のある現場管理者様は是非参考にしてみてください。


「SITE(サイト)」の詳細はこちら

「SITE(サイト)」の導入事例はこちら




現場管理費と一般管理費とは



工事費を細かく分類すると、図のような構造になっており、現場管理費も一般管理費も、工事価格を決める重要な1項目であることが分かります。


それぞれ「管理」の名称がついていることからも、部材などの物に対する費用ではなく、工事を進めていくために欠かせない人や場所の維持管理費用という意味合いを持ちます。

現場管理費


現場管理費とは現場経費とも呼ばれ、その工事に対する諸経費のようなものです。主に以下のものが該当します。


・現場で働く人材の報酬

・交通費や通信費

・工事保険などの保険料

・近隣住民に対する補償費用

・施工図面の作成費用


このように、現場の維持管理に必要な経費が含まれてきます。他にも、租税公課も含まれるので契約書の印紙代や、官公署でのも手続きに関わる費用も該当します。


現場作業をする際は、仮設事務所やフェンスを建てることがあると思いますが、これらの費用は、現場管理費と同じ間接工事費である「共通仮設費」に該当します。共通仮設費は「工事が終わったら撤去される仮設物にかかる費用」だからです。


この現場管理費は、現場監督が原価管理をする上では漏れや抜け、間違いがあってはいけない項目だといえます。なぜなら工事費の予算と誤差が大きくなればなるほど赤字になってしまうからです。現場監督を務める際には気をつけましょう。


参考:現場監督は知っておこう!現場管理に必要な費用の現場管理費とは?参考:現場管理費とは?


一般管理費


一般管理費とは会社そのものを維持管理、運営するために必要な費用です。主に以下ものが該当します。


・社員の給与や交通費

・福利厚生費

・事務所の家賃や水道光熱費

・減価償却費

・その他事務用品費用など雑費

・利益


このように、会社組織を維持管理していくために必要な費用が含まれているため、ひとつの工事から得られる利益そのものといえます。


例えば、公共事業の工事入札に参加する場合、競合に勝つために他よりも安い価格で提案せざるを得ないこともあります。その時に費用から削られるのが一般管理費のような人件費です。


ただ、こうなってしまうと利益の少ない工事を受けてしまうことになり、建設業の働く環境は劣悪になる一方です。

したがって国土交通省は、2016年12月に「公共建築工事における一般管理費等率を改定」を発表し、2017年1月以降の入札告示する工事から改定後のルールを適用しています。工事価格の一般管理費率を、一定割合以上にしなければならないとすることで利益減少の対策を講じました。


参考:公共建築工事における一般管理費等率を改定 ~適正な費用を工事費に反映~

参考:工事でよく聞く一般管理費とは?意味と用途を分かりやすく解説

現場管理費と一般管理費で抑えておくポイント


現場管理費と一般管理費において共通しているのは、自社の利益に大きく関わっているという点です。このことを意識しておくことは、特に現場管理者など現場で働く人材にこそ、必要ではないでしょうか。


例えば、一般顧客のリフォーム案件や新築工事で、管理費など諸経費の内訳が不透明だからと値段交渉をされたケースを考えてみましょう。この場合、案件を取りたいからといって値引きに応じていては、いい仕事を提供する自社の環境が維持できなくなり、厳しい現場環境になってしまいます。


ここでしっかりと管理費など諸経費の意味合いを理解していれば、顧客に対して納得のいく説明ができるようになり、自社の利益を守ることにつながるかもしれません。


管理費用は利益に直結し、その積み重ねが働く人たちの給与にも影響してくるということを抑えておきましょう。

まとめ:現場管理費と一般管理費はどちらも利益につながる大事な項目


現場管理費と一般管理費の特徴をまとめ、管理費に対する意味合いを解説してきました。


現場管理費と一般管理費の違いは端的にいえば、項目の違いということだけで、どちらも自社の利益にとって大事な管理費用です。


現場管理の役割を担う人にとって、正しく理解しておきたい項目だといえるでしょう。


本コラムの内容がお役に立てば幸いです。



弊社では「SITE」というITツールを提供し、多くの企業様の「現場作業の効率化」に貢献しております。建設現場の作業現場を効率化したり、業務の負担を少なくしたり、長時間労働の改善にも役立ちます。


しかし、「ITツールは難しそう。イメージが湧かない……。」と思われるかもしれません。


そこでツール導入後のイメージがよく分かる概要資料を用意しました。まずは資料をご覧いただき、ITツールのイメージを掴んでみてください。(無料ダウンロード)


資料のダウンロードはこちら

お気軽にお問い合わせください

電話アイコン03-4567-6666

9:00〜18:00 土日祝日休み

概要資料