2024年に適用される建設業の働き方改革とは?分かりやすく解説 - 【シンプル簡単】現場管理システム「SITE」

BLOG

ブログ

2024年に適用される建設業の働き方改革とは?分かりやすく解説

 
建設業界の働き方改革_施工管理アプリ

働き方改革の労働時間上限規制が、2024年には建設業にも適用されます。本コラムでは建設現場に関係のある、働き方改革関連情報をまとめました。

働き方改革に関する情報を要点のみ抽出し分かりやすくまとめてあります。参考にお役立てください。

時間外労働の規制について

労働時間には元々1日8時間1週40時間の法定労働時間があり、毎週少なくとも1回(1日)の休日を与えることとされています。

これを越える場合には、36協定を締結すれば可能となり大臣告示によって上限はあっても罰則はなく、実態は働く時間は完全に企業に任せられているような状態でした。

それが図の通り、月45時間年360時間を上限に「6ヵ月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金」が発生します。月45時間以内と言うと、仮に月22日前後の出勤をしていたとして、1日およそ2時間が限界です。

しかし、特別な状況において上限を越える場合は、理由と業務内容を明確にし申請をすることで増やせます。

その場合は、時間外労働が年720時間以内、時間外労働と休日出勤の合計が月100時間未満もしくは、2ヶ月~6ヶ月平均が全て80時間以内を守らなければなりません。

さらに月45時間を超えることができるのは年6ヶ月が限度となります。上限時間に関しては少し複雑な部分がありますので、詳しくは参考サイトをご参照ください。

参考:時間外労働の上限規制 わかりやすい解説

建設業働き方改革加速化プログラム

建設業には、働き方改革を加速させるためのプログラムが策定されています。

1.長時間労働の是正に関する取組

【ポイント】

・週休2日制の導入を推進

・発注者の特性を踏まえた工期設定

政府はまず労務費などの補正率を見直すなどして、公共工事の発注から週休2日を見越した工期による工事を増やし、民間工事でもモデル工事を試行していくとのことです。そして、そのような取組をしている企業を優良企業として評価する仕組みを作り、週休2日制が拡大していくための後押しをしていきます。

2.給与・社会保険に関する取組

【ポイント】

・技能経験に相応しい処遇を実現

・社会保険加入をミニマムスタンダードに

専門的な技術を要する建設業の給与改善として、その技術や経験を能力評価制度という形で取り入れていきます。その為に建設キャリアップシステムへの加入を推進し、業界全体の技術力向上を図ります。

また、下請の建設企業まで労務単価の改正が行き渡るようにすること、退職金共済制度の普及を関係団体に働きかけるなど、労働者の給与や社会保険に関する取り組みを強化していくという方針です。

参考:CCUS建設キャリアアップシステム

3.生産性向上に関する取組

【ポイント】

・生産性向上に取り組む企業を後押し

・仕事の効率化(IT化など)

・限られた人材、資材機材の効率的な活用

・重層下請構造の改善

中小企業におけるIT活用を促すことを目的とし、生産性向上に取り組む企業を評価する制度を取り入れていく取り組みです。

仕事の効率化として、建設業許可の申請を電子化したり、実際の現場業務においても積極的にテクノロジーの技術の採用を促しています。業務の効率化は人材不足の業界ほど急務と言えるでしょう。

画像_作業着の男女がガッツポーズをしている図

それぞれのポイントと内容を元に簡単には要約してみましたが、より詳しく知りたいと言う方は以下の参考元資料をご覧ください。

参考元資料:別紙 建設業働き方改革加速化プログラム

参考:国土交通省「建設業働き方改革加速化プログラム」を策定

働き方改革に向けて取り組むべきは単なる時間削減ではなく業務効率化

政府による働き方改革へ対策するには、単なる時間の短縮では無く業務効率化による生産性向上が必須です。これは人口減少による人手不足が明らかな今、確実に必要な対策です。

そして建設業に関して言えば現場の人手不足問題はかねてから直面しており、働き方改革の残業時間上限適用時期は関係無く、解決に向けていち早く取り組めるかどうかが貴社の競争力のカギになります!

弊社ではより良い現場環境のお手伝いができる資料をご用意しております。ITツールの導入による環境改善にお役立てください。

建設現場の効率化をスグに実現する3つのポイント_画像

お役立ち資料『建設現場の効率化を実現する3つのポイント』

https://www.conit.site/lp/whitepaper.html#form

働き方改革もさることながら、長期的な目線で「経営改革」も重要です。

ぜひ建設業の働き方改革の前に経営者改革を』も併せてご一読ください!

お気軽にお問い合わせください

電話アイコン03-4567-6666

9:00〜18:00 土日祝日休み

概要資料