建設業の残業削減方法-成功事例からの学びポイントを解説 - 【シンプル簡単】現場情報共有ツール

BLOG

ブログ

建設業の残業削減方法-成功事例からの学びポイントを解説

 

現場の人間以上に、経営者こそ自社の残業時間を減らしたいと思っているのではないでしょうか。

働き方改革で上限を越えると罰則が生じるようになった長時間労働、残業時間の問題は建設現場の経営者にとって緊急の問題です。

建設業の残業時間を減らすためのポイントは、業務の効率化をはじめとする現状の自社戦力でできることを増やすことにあります。

なぜなら、人を増やして負担を分散することや、強制的に帰らせて残業時間をカットするのは本質的な解決にならないからです。

本コラムでは、残業時間を減らした成功事例をもとに、残業時間を減らすためのヒントをお届けします。

建設業の残業はなぜ増えるのか?

建設業界で残業が減らないと言われている原因は、

・納期問題

・人手不足

・業界慣習

ということがよく言われますが、実際のところは現場、企業によって課題は様々であり単純ではありません。

上記のような問題は「業界」の特徴のようなものです。しかし残業問題は「人」の問題でもあり、全てを環境のせいにしていては問題は解決しないと考えられます。

中には、残業をして評価を得たい、単純に残業代が欲しい、という働き手側が自ら進んで残業をしたいと思うケースや、仕事に対する責任感から仕事を抱え込み、終われないケースなど、そこには働く人間の意思も加わるからです。

このような問題に対処するには、その原因を明確にし、仕事時間を削ることによって生まれる負担はあるのかを知る必要があります。

画像_残業多く頭を抱える作業員_従業員_経営者

建設業の残業削減をするための具体的な方法

残業が多くなっている原因は企業によって様々です。原因を明確にできるほど、講じる業務改善もより効果的になるでしょう。

残業削減方法①原因の可視化

ただ、原因は細かく言えば様々ですが、どの企業でも現状取り組んでいる業務を今よりも効率化できれば、業務時間が短縮できるはずです。ですので、取り組むべき行動は「効果的な業務効率(改善)」だと言えます。

残業削減方法②業務効率の改善

効果的な対策を行うためには、同業界での成功事例から学べるポイントを抽出し、適応することがもっとも具体的でわかりやすい手法だと考えます。自社の残業の原因を明確に可視化し、実際に現場で働いている声を聞き業務改革を行っていきましょう。

建設業残業削減方法を事例から学ぶ

ここでは資料をもとに、大成建設の残業を減らした具体的な事例を取り上げ成功のポイントを抽出し自社に落とし込む方法を解説します。事例の詳細を知りたいという方は、参考元の資料をご覧ください。


【大成建設の事例】建設業界特有の事情や慣習に切り込む


同社は、予測の難しい自然環境下での現地生産、仕様変更・工期変更にも品質を損なわない対応など、顧客満足や信頼を理由に、残業や休日出勤は仕方がないという気風が残っていました。

このような状況で長時間労働を改善するには、生産現場の慣習改善と生産性を高めて労働時間の短縮を図ることがポイントと考え取り組みます。その結果、社員の年間休日数が113日から120日へ増え、月100時間以上の残業が半減したとのことです。

慣習を変えるため「目標を数値で、施策を具体的に示す」を行い、生産性を向上させるため「モバイルデバイスを配布し、ICTやクラウドを使ったシステム」を導入しました。

引用元:一般社団法人 日本経済団体連合会「働き方改革事例集」

この事例は規模や数字だけ見ると、大企業だからできたのでは?と思われるかもしれません。ですが分解して考えると、むしろ規模の小さい企業ほど取り組みやすいことがわかるはずです。

その要素とは以下の2つです。

・原因と目標を明確に可視化し、社内で共有したこと

・新しい働き方としてITツールの導入に踏み込んだこと

明確にした後、しっかりと社内で目標を共有したからこそ、経営だけでなく現場も自分事化して取り組めています。これは従業員数の少ない企業こそ早く共有でき、結果も早く出ることだと言えます。

そして具体的に業務効率化を図るために、人の手ではなくITツールに頼り、これまでできなかった対策を行っています。小規模の企業こそ、現状の人数は変えずに作業を手助けしてくれるITツールの導入は目に見えて効果的です。

ITツールに関して、詳しくはこちらの資料も参考にしてください。

中小建設業の経営者必見!『建設現場の効率化をスグに実現する3つのポイント』
https://www.conit.site/lp/whitepaper.html#form

建設業の残業削減方法についてまとめ

残業時間を減らすというよりも、その原因を追及しより働きやすい職場改善を目指すことが大切です。

これまでの根強い慣習を見直し、大成建設のように経営も現場も一緒になって共通の目標をクリアする、そのような風土が2024年までに根付くよう取り組まれてはいかがでしょうか。

現場効率化にITツールを導入するのは大変効果的です。現状の人手不足を仕組みで改善すれば、新しい現場の土台となります。

長期的な考え方を持ち、働きやすい現場作りのためできることから始めて行きましょう。


働き方改革もさることながら、長期的な目線で「経営改革」も重要です。

ぜひ建設業の働き方改革の前に経営者改革を』も併せてご一読ください!

お気軽にお問い合わせください

電話アイコン03-4567-6666

9:00〜18:00 土日祝日休み

概要資料