電子小黒板アプリ - 建設業向け情報共有ツール「SITE(サイト)」

BLACK BOARD

電子小黒板

建設現場のDXをサポート
SITE黒板
事前準備
黒板の事前準備が
カンタンに
 写真不要
撮影時の手間が
少なくなる
フォルダ管理

写真整理が不要に
フォルダ管理

電子小黒板とは?

電子小黒板は工事写真の際に使用する黒板をデジタル化したものです。

国土交通省の営繕工事においては、現場撮影の省力化や効率化を目的として平成29年4月から原則電子小黒板の活用が始まっています。国土交通省は建設現場の生産性向上を目指し、i-Construction(アイ・コンストラクション)の取り組みを進めているため、今後も電子小黒板が広がっていくでしょう。 従来の黒板と比較して「作成」、「撮影」、「写真管理」までを圧倒的に効率化できるのが電子小黒板の魅力です。

黒板
電子小黒板の実画面
電子小黒板の3つのメリット

黒板作成の準備作業が楽
物理的に何枚も黒板を
持っていかなくてよくなる

撮影時の手間が少なくなる
事前にデータとして登録すれば
選ぶだけでよくなる

大量の黒板整理が簡単
撮影した写真は自動でフォルダに
仕分けられるので整理不要

黒板を使う時
こんな課題はありませんか?

黒板の写真をPCに取り込んだり、
現場ごとに整理したり、
とにかく手間がかかる

現場で黒板を書き換えるのが
いつも大変……

毎回誰かに持って
もらわないといけないので
一々頼むのが面倒

課題を抱えた人

PCと連携でさらに効率UP
SITE黒板の4つメリット

自動フォルダ分け機能で写真整理が不要になる

SITE(Web)との連携で
より便利に

SITEと連携して写真をそのまま報告書にできる

※連携しなくても黒板アプリ単体として無料で使用可能です。
※SITEについてはこちらをご覧ください
大量の黒板をPCで事前準備&現場で共有できる

複数枚の黒板を使う現場が
一層楽になる

レイアウトが同じなら
内容が違う黒板を選ぶの簡単
複数人で作った写真もクラウドに一括保存できる

複数人の写真をクラウドで
一括管理できる

複数人で同じ物件の写真を
撮影しても自動整理され保存される

直感的に操作できる

直感的に操作ができる


必要な機能だけを厳選し使いやすさを
追求したシンプルなUI

実際のスマートフォンの画面

電子小黒板の実画面

一般的なアプリは同じ黒板のレイアウトでも、記載する内容が異なれば黒板データが複数枚作られます。

現場ではタブレットやスマホを使うので、数が多いとスクロールも多くなり、この仕様だと意外と手間に感じます。

SITE黒板の場合、同じレイアウトの黒板なら、記載する内容はプルダウンで表示させ選ぶだけ。(図の通り)限られた画面内で探す操作の手間が減ります。

/SITE黒板で解決できること/

黒板作成の事前準備の時間が0になりました

黒板作成の事前準備の時間が
0になりました

写真整理の時間が
0になりました

写真整理の時間が0になりました
他のアプリと違って黒板を選ぶのがカンタンなので、写真撮影がスムーズです

他のアプリと違って
黒板を選ぶのが
カンタンなので、
写真撮影がスムーズです

他の人の手を煩わせることなく
できるので
効率良くなりました

写面倒な作業はPCでできるため作業効率UPしました

だからsanbonsen

SITE黒板が選ばれています!

SITE黒板の導入に関して、
詳しくは資料をご覧ください。

利用の流れ

flow01
flow01

事前準備:まずは案件を作成

ブラウザまたアプリで「案件」を新規作成。
※アプリからも作成可能です

flow01

事前準備:必要な黒板を作成

続けて「黒板」を作成。テキストは何種類でも登録可。
※アプリからも作成可能です

flow01
flow01
flow01

現場作業:作成した黒板を選択

アプリを起動し登録した黒板とテキストを選択。

flow01

現場作業:アプリで写真撮影

撮影。その後は自動でフォルダに仕分けされるので整理が不要。

flow01
flow01
flow05

報告:その場で簡易レポート作成

自動保存された写真を選択しレポートまで簡単作成。そのまま提出できるフォーマットです。 ※消防などへの提出は事前に提出先にご確認ください。

よくある質問

Q

PCと連携して使うにはどうしたら良いですか?

まずは現場共有ツール「SITE(Web)」のアカウント申込が必要です。
詳しくは資料をダウンロードしてください。

Q

無料でお試しできますか?

アプリ自体は無料でご利用いただけますので、ぜひご利用ください。
※連携して利用するには、「SITE(Web)」の契約が必要です。


Q

自社に必要かどうかはどうやって判断すればいい?

主には次の2つです。
→照明不足のトンネルや地下、夜間の利用(鮮明な写真撮影が難しい)
→湿気や粉塵の多い場所での利用(故障の可能性がある)
それ以外でも黒板が不便と感じることがあれば効果的です。

Q

SITEってなんですか?

弊社が提供する建設業向けの情報共有ツールです。詳しくはこちらをご覧ください。

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

まずはお気軽に
資料をご請求ください。

新規導入に関する電話相談はこちら
03-4567-6666
9:00~18:00土日祝日休み