建設業界にもニューノーマルの波!?テレワークについて理解を深めるコラム - 【シンプル簡単】現場情報共有ツール「SITE」

BLOG

ブログ

建設業界にもニューノーマルの波!?テレワークについて理解を深めるコラム

現場改善

 

「自分達の会社でテレワークはできるだろうか」

「小さな企業はそこまでする必要ないかもしれない」

ニューノーマルの象徴とも言えるテレワーク、言葉だけが先行して何から始めればいいかわからない、そもそも建設業では特に導入する必要性を感じないし不可能だ、このように考えておられないでしょうか。

結果から言うとテレワークの導入に会社の規模感や業種はほぼ関係ありません。テレワークは働くの選択肢一つとして、今後どの業界においても定着していく働き方になります。

本コラムでは建設業におけるテレワーク化の基礎として考え方やメリット、簡単な導入手順をご紹介しますので、ぜひお役立てください。


01.建設業界にもテレワークを導入する理由


建設業界こそテレワークの導入を推奨します。なぜなら、建設業界が直面している問題の解決策になりうるからです。テレワークを活用すれば「移動時間」が短縮されます。


業界全般の問題である、長時間労働の環境と人材不足問題。この問題を解消するためには、従業員の「時間」をどれだけ大切に活用するかということに取り組む必要があります。


まずは自社の従業員が費やしている「かけなくても良い時間」を無くすことが、もっとも効率良く長時間労働の改善に繋がるからです。


いきなり全てをテレワーク化する必要はありません。
週1回だけテレワーク勤務にする、打ち合わせのみはオンライン会議にするなど、できる範囲で貴重な時間を効率良く使えるようにしましょう。長時間労働を減らし、少ない人数で業務に対応できる組織作りが大切です。


02.テレワークをすることで得られるメリット

テレワークを導入するもっとも大きなメリットは移動時間の削減です。他にも以下のようなメリットが生まれます。


●社員の生産性の向上

●社員の職場環境に対する満足度の向上

●交通費やオフィスコストの削減

●育児や介護による離職の防止

●業務における書類の電子化

●多様な人材の獲得

●企業イメージの向上

●災害時の事業継続



参考元:ゼロからよくわかる!テレワーク導入のパーフェクトガイド【2020年10月最新】


建設業に関係するメリットをもっと具体的に紹介します。


-01. 現場とオフィスをリアルタイムに繋ぐことで効率化が実現

例えば工事の場合、情報が膨大になり管理が大変ですが、なんらかのシステムで管理することで効率化も図れ、なおかつ経営者もリアルタイムに数字を追うことができるので経営判断に役立ちます。


具体的なことですと、図面の更新や写真の整理も、わざわざ事務所に戻らなくてよくなることです。さらに、便利なITツールを活用すればスマートフォンである程度作業ができるので、手間のかかる仕事も効率化できます。


また、工事を行っている最中に図面の変更が発生した場合、その図面をデータ化して現場のスタッフにいち早く共有することも可能です。逆に現場から会社への日報も、現場の写真付きで報告書をあげることができるので時間のロスがなくなり、結果的に長時間労働の短縮にもなるでしょう。


-02. さらに今なら…場合によっては助成金が受けられる可能性がある



テレワーク導入のためにかけたコストは、申請すれば助成金を受けられる可能性があります。投入した設備費用だけでなく、研修費や外部コンサルを依頼した場合にかかる費用も対象となります。

助成金に関しては、下記サイトにて詳しくまとめられてあるのでご確認ください。

テレワークに利用できる補助金・助成金一覧【2021年最新版】

また業務の効率化だけでなく、コロナなどの感染症への予防対策にもなります。これだけ多くのメリットがあるテレワークですが、「建設業ではそもそも導入が難しいのでは」と思っていませんか?


導入自体は実はそれほど難しくありません。クラウド環境さえ整えばテレワーク化はすぐに実現可能だからです。


03.建設業でテレワークをするにはクラウド必須



クラウド導入に必要なものは、インターネット環境とアクセスするためのパソコンやスマホやタブレットといった端末だけです。クラウドというのはインターネット上に存在する「データの保管場所」だと考えてください。


多くのiPhoneユーザーが、インターネット上にバックアップデータを保存しておくことも、写真を保存しておける「Googleフォト」を使うのもクラウドのサービスです。クラウド環境は一般的にも身近になっており、こういったサービスを使うこと自体は、既に皆様もされているのではないでしょうか。


お役立ち資料『建設現場の効率化を実現する3つのポイント』


具体的にテレワークをするためにどういったクラウドサービスを導入すればいいかは、知見をもった人にサポートしてもらえば心配はありません。弊社でもお役立ち資料をご用意しておりますので、参考にご覧ください。

テレワーク導入は現場だけでなく、経営者にとってもメリットがあります。業務効率化や経費削減など、コストをおさえることで結果的に増収に繋がるからです。


これをきっかけに、小さなことからテレワーク導入を検討してみてはいかがでしょうか。


テレワーク導入と共に、現場の改善も必須です!!
併せて読みたい!『働き方改革は現場環境から!より良い職場環境をつくるために必要なこと』

お気軽にお問い合わせください

電話アイコン03-4567-6666

9:00〜18:00 土日祝日休み

概要資料